iOS - iPhone、iPad

Apple iOS(iPhone、iPad)デバイス用 Keeper エンドユーザーガイド

Keeper マスターパスワード

Keeper アカウントを作成するには、メールアドレスを入力しマスターパスワードを設定してください。 ユーザーが記憶しなければならないのは、マスターパスワードのみです。 Keeper 専用の強固なマスターパスワードを使用することをお勧めいたします。

マスターパスワードは忘れないようにしてください。 Keeper を複数のデバイスで使用する場合、使用するデバイスにメールアドレスとマスターパスワードを入力してください。

SSO でログインする法人のお客様は、マスターパスワードを選択する必要はございません

法人 SSO ログイン

SSO ログインを使用している法人のお客様は[法人 SSO ログイン]をタップし、Keeper 管理者から提供された法人ドメインを入力してください。

記録の作成

新しい記録を作成するには、作成ボタン[+]をタップしてください。 Keeper にはインポート機能が搭載されていますので、弊社ウェブボールトやデスクトップアプリからユーザーのボールトへ軽快にパスワードを追加できます。

新しいユーザーエクスペリエンス

最初にボールトへログインする際、Keeper が最初のパスワード記録を作成する方法を説明し、アプリの機能をいくつかご紹介いたします。 続けて、Keeper がコンピュータやブラウザからパスワードをインポートするか質問いたします。 コンピュータを使用中でない場合、後日インポート作業を実施可能です。

[現在、コンピュータを使用中]をタップすると、Keeper がコンピュータで keepersecurity.com/setup へ移動するか質問いたします。 指示に従いコンピュータでインポート作業を進めてください。 ウェブボールトにおけるインポート作業の説明はこちらをクリックしてください。

フォルダーとサブフォルダーの作成

フォルダーを作成するには、作成ボタン[+]をタップし「新規フォルダーを作成」を選択します。 サブフォルダーを作成するには、親フォルダーへ移動し、作成ボタン[+]をタップして「新規フォルダーを作成」を選択します。

移動とショートカット

複数の記録やフォルダーを移動したり、ショートカットを作成したりできます。 ショートカットは 2 箇所以上に保管できるエイリアスファイルと同じで、編集するとすべて同時に変更されます。 単独あるいは複数のフォルダーや記録を選択するには、右上にある鉛筆アイコンをタップし、該当する記録を長押ししてください。 フォルダーや記録を選択したら、画面下部のバーを使用して実行するアクションを選択します。

  • 既存のフォルダーにショートカットを作成するか、新規ショートカットを作成するか質問されます。 別フォルダーへ移動し、[フォルダーを作成][ショートカットを作成]をタップして作業を完了してください。

  • 新しいフォルダーへ移動すると、新しいフォルダー名を作成するよう求められます。 新しいフォルダー名を入力し[保存]をタップしてください。

  • 既存フォルダーへ移動すると移動候補フォルダーが表示されますので、フォルダーを選択し[移動]をタップして作業を完了します。

  • ごみ箱機能は「削除した記録」にあるごみ箱へフォルダーや記録を移動します。

単独の記録を移動する場合、記録表示画面から実行することも可能です。 [移動]をタップすると作業が開始されます。

ダイナミック検索

Keeper のダイナミック検索機能は、入力した検索語に関連する記録を表示します。 Keeper 記録内の全フィールドに渡って検索します。

フィルターの記録

お気に入り、共有、ファイル、削除済み、お気に入りの Watch ごとに記録をフィルタリングできます。 データボールト画面でフィルターボタンをタップすると、フィルターオプションが表示されます。

パスワードジェネレーター

Keeper パスワードジェネレーターならば、その場で最高強度のランダムなパスワードを作成でき、Keeper 記録のあらゆるフィールド内に配置可能です。 Keeper パスワードジェネレーターを使用する際は「サイコロ」をタップしてください。

文書をスキャン(iOS13 以降)

Keeper の「文書をスキャン」機能ならば、iOS 13 で搭載された VisionKit 光学文字認識(OCR)機能を使用して簡単にメモを追加できます。 この機能を使用すれば、iOS 13 以降を搭載したデバイスで文書、ID カード、手書きメモをスキャンし、記録内のメモフィールドへ簡単に変換入力してくれます。 以前作成した記録内で[編集]をタップし、続けて[文書をスキャン]をタップします。 対象のスキャン完了後にカメラ機能の[保存]をタップしてください。次にテキストをレビューならびに修正し、保存したい記録内で再度[保存]を押します。

自動起動

Keeper の自動起動機能は、アプリを終了しなくても簡単にウェブサイトへログイン可能です。

Keeper がどのブラウザでリンク先を開くか質問します。

ブラウザを選択し、以下のいずれかを選択してください: 「1 回限り」か「デフォルトに設定」 Keeper 内蔵ブラウザを選択すると、ログインフィールドが表示された場合にデバイスの画面上部に[KeeperFill ログイン]ボタンが表示されます。以下をご確認ください。 ログインする際に、[ログイン]あるいは[パスワード]ボタンをタップすると認証情報が入力されます。

KeeperFill で内蔵ブラウザを使用

ネイティブのウェブ・ブラウザ(Safari、Firefox、Chrome)を使用してサイトを開きたい方は、KeeperFill の機能を活用してログインフォームへ入力可能です(次のセクションでご説明いたします)。

KeeperFill で自動入力(iOS12 以降)

iOS バージョン 12 以降において、Keeper はキーボード上部に表示される「パスワード」ボタンから各ウェブサイトやアプリへログインできるよう完全に統合されています。 この機能を使用する前に、いくつかのセットアップステップを実行してください:

  1. デバイスの「設定」でアプリを開きます。

  2. [パスワードとアカウント]をタップしてください。

  3. [パスワードを自動入力]をタップします。

  4. 「Keeper」を選択してください。

自動入力の設定

上記ステップをすべて完了すると、アプリやウェブサイトへログインする際にキーボード上部に[パスワード]ボタンが表示されます。 このボタンで KeeperFill が起動します。

iOS におけるパスワード自動入力の統合

KeeperFill 画面から、ボールト内の一致する記録を検索したり、新しい記録を作成したりできます。

ログインと記録に 2 段階認証コードが設定されている場合、以下のステップに従いコードを入力してください。

  1. 2 段階認証コードの横にある[コピー]ボタンを使用し、クリップボードに数字をコピーします。

  2. [入力]ボタンを押し、ウェブサイトやアプリケーションにログイン認証情報を入力します。

  3. 2 段階認証用フィールドを長押しして、コードを貼り付けてください。

KeeperFill にはいくつかの機能が内蔵されています:

  • 一致する記録や既存記録のボールト内検索

  • サイコロ機能を使用した新しい強固なパスワード作成

  • Keeper ボールトの切り替え

ご注意: いくつかのアプリケーションでは、認証情報を入力する際に記録を検索する必要があります。 可能な場合、Keeper が一致する記録を探してくれます。

KeeperFill(iOS 11 以前)

iOS 12 を未導入の場合、KeeperFill へのアクセスは「共有」アクションでのみ可能となります。

旧式 iOS バージョンにおける KeeperFill

iOS11 以前のデバイスで KeeperFill を使用する前に、いくつかのセットアップステップを実行してください:

  1. KeeperFill を適用したいウェブページへ移動します。

  2. ブラウザ下部に表示されている「共有」アクションを選択してください。

  3. [詳細]をタップします。

  4. [KeeperFill]をタップして共有アイテムに追加します。

  5. 再度[KeeperFill]をタップし、ログイン作業を開始します。

  6. KeeperFill がウェブサイトの URL に関連付けされた記録をみつけてくれますので、[入力]ボタンをタップしてください。

  7. KeeperFill がログイン認証情報を自動的に入力します。

安全なファイルストレージ

パスポート写真、極秘写真、運転免許証、ローン書類、ビデオ、プライベート写真などのファイルを Keeper ボールトへ安全にアップロードできます。 さらに、プライベートファイルや書類を別の Keeper ユーザーとボールト同士で安全に共有可能です。

ご注意: 安全なファイルストレージは安全なアドオンとしてご利用いただけます。

ウェブサイトへログインする際の 2 段階認証セットアップ:

1、 別のデバイスで、セキュリティ設定内(別の場所にある場合もあります)にある 2 段階認証画面へ移動します。 「ログイン認証」や「2 段階認証」と表示される場合があります。

2、 ご利用中の携帯電話を使用して Keeper 記録で「編集」、次に「2 段階認証コードを追加」を選択します。

3、 ウェブサイトに関連付けされた 2 段階認証 QR コードをスキャンします。

4、 QR コードをスキャンすると、記録内に 2 段階認証コード用のフィールドが作成されます。

5、 2 段階認証コードはログインするたびに再作成され、ユーザー名とパスワードでログインした後に、ウェブサイトが求めるフィールドに入力されます。 共有シンボルを使用し、2FA コード内で KeeperFill をご利用ください。

2 段階認証を記録へ追加

2 段階認証コードをボルト内に保管しておく利点:

  • Keeper 2 段階認証コードは SMS テキストメッセージよりも安全です。

  • Keeper 内に保管されている 2 段階認証コードは堅牢なゼロ知識暗号化機能で保護されます。 • サイトへログインする際に、保管されているコードを軽快に自動入力し、時間と手間を省くことが可能です。

  • Keeper 記録は安全にバックアップされていますので、デバイスを紛失した場合でも、すべてのコードをリセットする必要がありません。

  • Keeper 記録は共有できます。同一の認証情報で複数のユーザーがログインしなければならない場合、コードが記録されている唯一のデバイスを所有している相手を探し出す必要がなくなります。

記録とフォルダーの共有

個人記録や全フォルダーを別の Keeper ユーザーと安全に共有可能です。 別ユーザーと単一の記録を共有するには、Keeper 記録を開き[共有]ボタンをタップしてメールアドレスを入力し、「編集」「共有」「所有者の許可」のいずれかを選択してください。

共有フォルダーを作成することもできます。 共有フォルダーではいくつかの個人専用フォルダーに分散されている記録(複数可)を別の Keeper ユーザー(複数可)と共有することが可能です。 共有フォルダーを作成するには、画面下部にある作成ボタン[+]をタップして「詳細」を選択します。 [共有フォルダーを作成]をタップしてください。

  1. 共有フォルダーに名前をつけてください。

  2. メールアドレスと、フォルダー内で対象ユーザーに付与する許可レベルを入力してください。 ユーザー管理と記録管理の許可を選択することが可能です。

  3. 共有フォルダーに追加する記録を選択します。 各記録に対し、共有ならびに編集許可を付与することができます。

  4. [保存]ボタンをタップしてください。

ご注意: 記録タブ下の許可に関して、「編集可能」とは当フォルダーのユーザーが記録を編集可能であることを意味します。 「共有可能」とは当フォルダーのユーザーが記録を他者と共有可能であることを意味します

ご注意: ユーザータブ下の許可に関して、「ユーザーを管理」とは当ユーザーが当フォルダーに対し他ユーザーを追加あるいは削除可能であることを意味します。 「記録を管理」とは当ユーザーが当フォルダーに対し記録を追加あるいは削除可能であることを意味します。

記録の履歴

Keeper ならば、いつでも好きな時に以前の記録バージョンを保存ならびに復元することができます。

記録の履歴へアクセスするには、記録内にある[詳細]ボタンをタップしてください。 次に[記録の履歴]をタップします。

記録を復元して以前の状態に戻すには、復元したいバージョンをタップします。 記録の情報を確認した後、[復元]をタップします。 アプリから質問された際に[はい]をタップし、現在の記録を以前のバージョンに書き換えることを承認してください。

ご注意: 「記録の履歴」をご利用になれるのは、購入済みユーザーのみです。

削除した記録

フィルターメニューにある「削除済み」セクションへ移動いただけば、削除した記録を確認ならびに復元可能です。

削除した記録を復元するには、確認したい記録をタップした後に[復元]をタップします。 [はい]をタップして復元作業を承認してください。

「最近削除したもの」にある記録をすべて完全に削除するには、記録のトップにある[ごみ箱を空にする]ボタンをタップします。 [はい]をタップして「完全に削除」アクションを承認してください。

ご注意: 「削除した記録」をご利用になれるのは、購入済みユーザーのみです。 最近削除した記録は、個別に完全削除できない仕様になっています(まとめて削除のみ)。

BreachWatch

BreachWatch はアカウントに不正侵入されていないかダークウェブをモニターしアラートで警告してくれますので、ハッカーから身を守るための行動を起こせます。

BreachWatch スキャンを開始する際は、BreachWatch タブをタップします。 [始めましょう]をタップするとスキャンが開始されます。

BreachWatch は関連した記録とレポートリスクをスキャンします。 スキャン結果にあるリスクをタップすると記録が表示されます。続けて[解決]をタップするとリスクを解決するために必要なステップが表示されます。

リスクを解決するには、影響を受けているウェブサイトのパスワードを変更してください。 変更後、変更したパスワードで Keeper の記録を更新してください。

ご注意: BreachWatch は安全なアドオンとしてご利用いただけます。

セキュリティ監査

セキュリティ監査機能でボールト内にある記録の総合的パスワード強度を監査することができます。 フィルターメニューをスライドオーバーするか左上のボタンをタップした後。[セキュリティ監査]をクリックします。 リストにある記録の名前をタップすれば、記録のパスワードを編集できます。

個人情報ならびにお支払い

「個人情報ならびにお支払い」は個人の住所情報やクレジットカード番号を安全に保管できる場所です。 購入中にお支払い画面が表示されると、KeeperFill がユーザーの代わりに適切なフィールドへクレジットカード情報を入力してくれます。

「個人情報」画面で複数の携帯電話番号と住所を安全に保管できます。 「お支払い用カード」にはクレジットカードの番号、有効期限、セキュリティコード(CVV)が保管されています。

Keeper に保管されているクレジットカード情報を KeeperFill で入力する際は、記録内のウェブサイトアドレスをタップして入力用ウェブサイトを開いてください。 クレジットカードのお支払いページを開き、該当するフィールドをタップします。 トップの[お支払いカード]ボタンをタップし、カードのリストを表示します。 記録内に保管されているカードをタップして[入力]ボタンをタップすると、ウェブサイトへ情報が追加されます。

設定

設定画面で、個人的な好みとアプリケーションのセキュリティ機能をカスタマイズできます。 ご注意ください。ビジネスアカウントをご利用中のお客様は、Keeper 管理者が一部のセキュリティ設定を強制している場合がございます。

  • テーマの変更

  • 二要素認証

  • 生体認証ログイン

  • クリップボード失効

  • 自動ログアウト時間

  • KeeperFill セットアップ

  • 自己破壊の有効化

  • 高速ログインモード

  • 記録表示におけるパスワードの表示/非表示

  • メールアドレスの変更

  • セキュリティの質問リセット

  • マスターパスワードリセット

  • ファイルの画質調整

2 段階認証

2 段階認証(2FA)を利用すると、ユーザー名やパスワードを入力した後に別のパスコード入力が追加されますので、ログインする際に一段階上のセキュリティを実現できます。 非常に重要なアカウントや取り扱いに細心の注意が必要となるアカウントには 2FA の採用をお勧めいたします。

Keeper に内蔵された 2 種類の 2FA 使用方法:

  1. マスターパスワードで Keeper ボルトへログインします。

  2. 適用したい記録に 2 段階認証コードを埋め込み、Keeper ボルトからウェブサイトへログインしてください。

  • テキストメッセージ(携帯電話の SMS 経由)

  • 認証アプリ(例、Google、Microsoft、Authy)は時間制限付きワンタイムパスワード(TOTP)を使用しています。

  • DUO Security(Business か Enterprise ライセンシー専用)

  • RSA SecurID(Business か Enterprise ライセンシー専用)

  • Apple Watch (KeeperDNA). この方法では、ご利用中のウオッチへ直接 2 段階認証コードを送信します。

Keeper ボルトへログインするための 2 段階認証コードをセットアップ:

「設定」>「2 段階認証」へ移動し、2FA メソッドを選択してください。 メソッド:

SMS テキストメッセージ

  1. [メソッド]をタップし、続けて通知方法画面で[テキストメッセージ]をタップします。

  2. 「国/地域」を選択し、(日本居住者は最初の 0 を除いた市外局番から)すべての電話番号を入力してください(米国居住者はエリアコードを含めてください)。

  3. [保存]をタップします。

  4. 2 段階認証コードの有効期限を選択します。 初期設定では、コードはデバイスに永久保存されます。

5. Keeper からコードの入力を求められます。 登録した電話番号へ送信された Keeper コードを入力してください。 この作業で登録電話番号とデバイスを信頼するかを認証します。 コードの有効期限は 1 分間に限定されていますので、有効期限切れで別のコードが必要になった場合、[新しいコードを送信]をタップしてください。

6. 横にバックアップコードが複数表示されます。 デバイスで 2 段階認証コードを受信できない場合、代わりにバックアップコードの 1 つを入力してください。 [戻る]をタップして作業を完了します。

「2 段階認証コードの有効期限を選択します」におけるユーザーの回答によって異なりますが、この回答に応じて Keeper へログインする際に新しいコードを求められる回数が決定されます、

Keeper ビジネスを使用しているお客様の場合、担当の Keeper 管理者が 2 段階認証のメソッドと設定を強制している場合がございます。

Google ならびに Microsoft 認証(TOTP)

  1. Keeper 2 段階認証メソッドの設定にある[Google ならびに Microsoft 認証(TOTP)]をタップした後に[保存]をタップします。

  2. 2 段階認証コードの有効期限を選択します。 初期設定では、コードはデバイスに永久保存されます。

3. インストールされている TOTP アプリケーションに応じ、アプリ側で自動的にコードを開き保管します。 作業が上手くいかなかった場合、別のデバイスで QR コードをスキャンするか、下部に表示されているテキストコードを TOTP アプリケーションへコピーしてください。

4. 使用している TOTP アプリが Keeper トークンを取得したら、Keeper の 2 段階認証コード用ウインドウに番号を入力してください。 [OK]をタップします。

5. 横にバックアップコードが複数表示されます。 デバイスで 2 段階認証コードを受信できない場合、代わりにバックアップコードの 1 つを入力してください。 [戻る]をタップして作業を完了します。

「2 段階認証コードの有効期限を選択します」におけるユーザーの回答によって異なりますが、この回答に応じて Keeper へログインする際に新しいコードを求められる回数が決定されます、

Keeper ビジネスを使用しているお客様の場合、担当の Keeper 管理者が 2 段階認証のメソッドと設定を強制している場合がございます。

Touch ID と Face ID

Keeper へログインする際に Touch ID や Face ID を使用する場合、事前に携帯電話の設定でセットアップしておいてください。 設定が完了している方は「設定」にある[生体認証ログイン]をタップし、スイッチを切り替えます。 ご注意ください。iOS に搭載されている Touch ID や Face ID などの生体認証は時間を節約できる便利な機能ですが、2 段階認証に代わるものではございません。

すべての設定を完了しましたので、Touch ID による指紋認証や Face ID による顔認証で Keeper へログイン可能です。 マスターパスワードフィールド内にある[Touch ID]か[Face ID]シンボルをタップし、生体認証ログインを開始してください。

Face ID ユーザー: 最初のログイン時に、Keeper が Face ID を使用してログインするかを質問します。 この機能を停止した場合、携帯電話の設定 > Keeper > Keeper のアクセスを許可 > Face ID と移動してオンにすれば再開できます。

Face ID 設定

セキュリティキー

Keeper では YubiKey 5Ci による 2 段階認証(2FA)をご利用いただけます。 Lightning コネクタを使用して、ほとんどの iPhone ならびに iPad モデルで安全にログイン可能です。

1、 セキュリティキーを使用する前に、2 段階認証メソッドを必ずバックアップ状態にしてください。

2、 「設定」>「2 段階認証」へと移動し、メソッドを選択します: テキストメッセージ、TOTP、DUO Security、RSA Security (DUO ならびに RSA は Business か Enterprise ライセンシー専用)

ご注意: セキュリティキーは 2 段階認証のバックアップで設定された利用間隔で運用されます。 ログインする際に毎回セキュリティキーを挿入する予定の方は、2 段階認証コードの有効期限設定画面が表示された際に「ログインごとにコードを要求」を選択してください。 「30 日間ごとにコードを要求」を選択すると、30 日ごとにセキュリティキーの挿入を要求されます。 「永久に、このデバイスへコードを保存」を選択すると、有効設定時にセキュリティキーが登録されます。別の iOS デバイスで最初に Keeper へログインする際に 1 回のみキーの挿入を要求されます。

3、 「セキュリティキー」を選択 > 「新規追加」。 名前をつけてセキュリティキーを登録してください。

4、 デバイスに YubiKey を挿入します。

5、 YubiKey にあるセンサーに触れます

6、 セキュリティキーが登録されましたので、[OK]をタップして作業を続けてください。

1 名のユーザーが登録できるセキュリティキーは最高 5 つまでです。 登録済みキーであれば、どれでもアカウントをアンロックできます。

ご注意: セキュリティキーを削除する際は、「セキュリティキー」ページで登録済みキーを左へスワイプしてください。 [削除]ボタンが表示されます。

2 段階認証のプロンプト動作とオフラインアクセス

アカウントで 2FA がアクティブになっている場合、バックエンドクラウドシステムへのアクセスを保護する 2FA の保護機能により、デバイスやプラットフォームを問わずユーザーを保護してくれます。

本質的に、2 段階認証はクラウドとオンラインアカウントへのアクセスを保護します。 この仕様のため、2FA のプロンプトにはオンライン接続が必須となります。 2FA はクライアントデバイスからサーバーへリクエストが送信された際に起動します。 例えば、新規デバイスにログインする際は、新しい情報を既存デバイスと同期するか別途クラウドベースの機能を実行します

デフォルト設定では、iOS、Android、Mac、Windows 用のネイティブ Keeper アプリを使用すれば、ユーザーのマスターパスワード(オフラインモード)で即座にログインし、専用ボルトへアクセスすることができます。 マスターパスワードを入力するか生体認証ログインを使用するとローカルでデータの暗号が解除され、ユーザーへ 2FA コードがプロンプトされるタイミングでアプリがサーバーへ同期リクエストを送信します。 インターネット接続のスピードに左右されますが、ネイティブアプリケーションにログイン後、2FA プロンプトを受信するまでに数秒かかる場合があります。これは、ローカルでのデータ暗号解除が非常に高速なため発生してしまう現象です。

個人利用のお客様はオフライン認証とボルトアクセスをご利用いただけます。 Enterprise 利用のお客様は、企業側が従業員にオフラインアクセスの使用を禁止している場合があります。

2 段階認証トークンのリテンションとタイミング

iOS デバイスで最初に 2FA をアクティベートする際に、プロンプトされる頻度をユーザー側で選択します。 2FA のプロンプトはログインするたび、30 日間ごと、1 つのデバイスで 1 回のみから選択できます。 ただし、Keeper サーバー上では 2FA が常時有効になっていることをご留意ください。 デバイスへ正常にログインすると、2FA コードからトークンが作成され、サーバーが有効期限内と判断している期間はデバイス内でローカルに保管されます。 この仕様のおかげで、再プロンプトされることなく、同じデバイスで何度もログインすることが可能になります。 デフォルト設定では、個人利用者がプロンプトされるのはデバイス 1 つにつき 1 回限りです。 Enterprise 利用者においては、ユーザーに対し毎回新しいコードのプロンプトが強制されている場合があります。

現在、ウェブボルトやデスクトップアプリで事前に 2FA セットアップを完了している場合、iOS における 2FA トークンのリテンションタイミングはデフォルトでデバイス 1 つにつき「1 回限り」に設定されます。 この動作を変更したい場合、2FA を一度オフに変更し、iOS デバイスで 2FA を再アクティベートしてください。

Apple Watch

2 段階認証に Apple Watch デバイスをご利用いただけます。 使用するデバイスを携帯電話とペアリングし、Apple Watch デバイスに対応している Keeper アプリをダウンロードしてください。

上記の内容を満たしている方は「設定」>「2 段階認証」へと移動し、Apple Watch でユーザー ID を認証します。 [メソッド]をタップし、続けて[スマートウォッチ](KeeperDNA)をタップしてください。 [保存]をタップし、使用する 2 段階認証コードの有効期限を選択します。 ご利用中の Apple Watch に表示されている「Keeper アイコン」をタップするようデバイスから指示されます。

通知が配信されない場合、Keeper が通知を送信することを禁止している可能性があります。 Keeper の通信をオンにするには、携帯電話の設定 > 通知 > Keeper へ移動し通知を許可してください。

ウォッチ側で[認証]をタップします。

横にバックアップコードが複数表示されます。 Apple Watch で 2 段階認証コードを受信できない場合、代わりにバックアップコードの 1 つを入力してください。 [戻る]をタップして作業を完了します。

Apple Watch にインストールされている Keeper DNA アプリで 2 段階認証コードを生成し、ログインすることも可能です。

「2 段階認証コードの有効期限を選択します」におけるユーザーの回答によって異なりますが、この回答に応じて Keeper へログインする際に新しいコードを求められる回数が決定されます、

Keeper ビジネスを使用しているお客様の場合、担当の Keeper 管理者が Apple Watch と別の 2 段階認証設定を強制している場合がございます。

お気に入りの Watch と記録

Watch と記録という 2 種類のお気に入りがあります。 両者はともに Apple Watch 内でハイライト表示されます。

お気に入りの Watch

お気に入りの Watch とは Apple Watch に表示される記録です。 ウォッチに記録を表示する場合、以下の指示に従ってください:

  1. Keeper アプリ内で、ウォッチに表示したい記録へ移動します。 […詳細]をタップした後に[お気に入りの Watch へ追加]をタップします。

  2. 使用しているウォッチで「お気に入りの Watch」下にある記録をタップすると、タップした記録の詳細が表示されます。 [戻る]をタップすると「お気に入りの Watch」へ移動します。

お気に入りの記録

お気に入りの記録はマークされ、フィルター設定のお気に入りへ即座に表示されます。 記録をお気に入りとしてマークするには、[…詳細]をタップし[お気に入りに追加]をタップしてください。 お気に入りの記録をすべて表示するには、フィルターメニューの左上をタップし[お気に入り]を選択してください。

アカウント切り替えとボールト選択

Keeper は同一デバイスによる複数ボールトの使用をサポートしています。 例えば、ユーザーは個人アカウントとビジネス用アカウントを切り替えることができます。

デバイスに別途ボールト用アカウントを追加する場合、「アカウント」タブへ移動し、画面上部にあるメールアドレスをタップしてください。 メールアドレスをタップした後、「アカウント追加」を選択して別のアカウントを登録します。

Keeper へログインする際は、ログインするアカウントを選択し、マスターパスワードを入力するか、[Face ID]/[Touch ID]ボタンをタップしてログインしてください。

マルチアカウントの切り替えをご利用になれるのは、購入済みユーザーかビジネスプランユーザーのみです。

インポートとエクスポート

Keeper ボールトからデータをインポートやエクスポートする際は、Keeper ウェブボールトへ移動するか、コンピュータ用の Keeper Desktop をダウンロードしてください。

Keeper ウェブボールト: https://keepersecurity.com/vault

ダウンロード全般: https://keepersecurity.com/download​

アンインストール - リセット

Keeper のアンインストール方法

1、「Keeper アプリ」アイコンを長押しします。 iOS 13 の場合、ショートカットメニューが表示されます。 旧式オペレーティングシステムの場合、アプリのアイコンがシェイクし始めます。

2、 iOS 13 以降をご利用の方は、アプリのアイコンすべてがシェイクし始めるまで、約 3 秒間「Keeper アプリ」アイコン上を長押しし続けてください。

3、「Keeper アプリ」アイコンに表示される[X]をタップします。

4、 [削除]をタップして、アプリを削除することに同意します。同意すると、Keeper のデータも削除されます。

5、[完了]か[ホーム]をタップし、削除作業をすべて完了させてください。

Keeper のリセット方法

アプリを削除せずに Keeper のデータを削除する場合、ユーザーがデバイスの「設定」>「Keeper」>「Keeper をリセット」を実行することで Keeper をリセットすることができます。

役立つリンク

カスタマーサポートのフォーム: https://keepersecurity.com/support.html​

メールサポート: support@keepersecurity.com​

ビジネスのお客様: business.support@keepersecurity.com​

システムのステータス: https://statuspage.keeper.io