エンドユーザーに対する Keeper の展開

エンドユーザーのデバイスへ Keeper アプリを導入してもらう方法

互換性

Keeper はスマートフォン、タブレット、コンピュータでご利用いただけます。 Keeper は Chrome、Safari、Firefox、Edge、Opera、IE などの主要人気ブラウザをサポートしています。Keeper ウェブサイトや一般公開されているアプリストア(iTunes、Google Play、Microsoft Store など)から、ネイティブアプリをインストールできます。
デバイス
サポートされている OS バージョン
Windows
7 / 8 / 10+
Mac OS
現行バージョン - 2
Linux
Fedora、Red Hat、CentOS、Debian、Ubuntu、Mint
iOS
9+
Android
4.4+
Chrome OS
現行バージョン - 2
Internet Explorer
11
Edge
現行バージョン - 2
Safari
現行バージョン - 2
Firefox
現行バージョン - 2
Opera
現行バージョン - 2
最新版 Keeper のダウンロードは以下のサイトをご利用ください: https://www.keepersecurity.com/ja_JP/download.html
Keeper ウェブボルト
非常に多くのビジネスや大企業において、フル機能のウェブベースアプリケーション Keeper が活用しています。 Keeper ウェブボルトログイン画面へアクセスする際は、以下へ移動してください:

Desktop アプリケーション

サブセクションデスクトップアプリケーションをご確認ください。

ブラウザ拡張子(Keeper Fill)

サブセクションブラウザ拡張子(Keeper Fill)をご確認ください。

モバイルアプリの導入

モバイル機器やタブレット用の Keeper は一般公開されているアプリストアから導入できます。 MDM ソリューションはエンドユーザーのデバイスに対しこれらのアプリケーションを推奨していますが、特別な要件を必要としません。 ユーザーがアカウントへ登録あるいはサインインすると、自動的に大企業用強制ポリシーが適用されます。

SSO 導入

Keeper は Azure AD、Okta、G Suite、Jumpcloud、Ping など既存の SAML 2.0 アイデンティティプロバイダを経由した認証、プロビジョニング、導入をサポートしています。 導入方法に関する詳細は、Keeper SSO Connect や SSO Connect Cloud のセットアップガイドをご覧ください。

IE11 - 信用できるサイトのポリシー

SSO で Keeper へログインするユーザー、Internet Explorer 用のグループポリシーを導入している社内ネットワークユーザーは、「信頼できるサイト」設定に以下の項目が入力されていることをご確認ください。「信頼できるサイト」はツール > インターネットオプション > セキュリティの下部にあります。
米国/グローバルユーザー(米国の西/東)
keepersecurity.com *.keepersecurity.com
EU データセンターユーザー(アイルランド、ロンドン、フランクフルト)
keepersecurity.eu *.keepersecurity.eu
AU データセンターユーザー(シドニー):
keepersecurity.com.au *.keepersecurity.com.au
GovCloud データセンター(米国):
keepersecurity.us *.keepersecurity.us
大企業ユーザーの場合、SSO やその他重要機能を完全に機能させるため、エンドユーザーに対し「信頼できるサイト」のグループポリシーを強制してください。