SSH 接続

Commander ボルトを使って、リモートシステムに SSH で安全に接続することができます。
connect コマンドを使用することで Keeper Commander は、Keeper ボルト記録に保管されたコンテンツとメタデータを活用し、SSH、RDP、その他の外部接続を起動できます。 コマンドラインパラメータは、カスタムフィールドとファイル添付によって供給されます。 このコマンドは非常に柔軟性が高く、サードパーティのアプリケーションやユーティリティを使用してリモート接続を行うように完全にカスタマイズすることができます。
connect コマンドは、「connect:」で始まる名前の記録のカスタムフィールドを読み取ります。
以下は、サーバーに SSH で接続する簡単な例です。 SSH 鍵は暗号化されてボルトに保管され、接続コマンドで参照されます。
以下は、サーバーに SSH で接続する簡単な例です。 SSH 鍵は暗号化されてボルトに保管され、接続コマンドで参照されます。
SSH 接続記録
接続可能なリストを確認するには、「connect」と単独で入力してください。
My Vault> connect
Available connect endpoints
# Endpoint Description Record Title
--- --------------- -------------------------------- -----------------------
1 rdp_demo Remote connection to Demo Server RDP AD Bridge Demo S...
2 sso_server_demo Linux SSO Server in AWS SSH Commander to SSO...
My Vault>
このデモサーバーへの接続を開始するには、「connect sso_server_demo」を実行します。
My Vault> connect sso_server_demo
Connecting to sso_server_demo...
Welcome to Ubuntu 18.04.5 LTS (GNU/Linux 5.3.0-1032-aws x86_64)
Last login: Wed Apr 14 01:13:26 2021 from 12.34.56.78
ubuntu
logout
Connection to 44.123.46.77 closed.
My Vault>
より複雑な接続例は、Keeper Commander の GitHub repo にあります: