Keeperエンドユーザーガイド

個人エンドユーザーおよびビジネスエンドユーザー向けガイド

セキュリティについて

Keeperはゼロ知識を活用したプラットフォームですので、Keeperボルト (保管庫) に保存されたデータは、ユーザーのデバイス上で暗号化および復号化されます。Keeperの情報保護方法については、以下のブログ記事をご覧ください。

暗号化キーはユーザーによって管理されているため、Keeper Securityの従業員がユーザーのデータを復号化することはできません。ゼロ知識アーキテクチャに加えて、FIDO2 WebAuthnデバイス、グーグルやマイクロソフトの認証アプリ (Google Authenticator、Microsoft Authenticator)、SMSなど、多くの二要素認証方式がサポートされています。また、Keeper SecurityはSOC2認定、ISO27001認定、FedRAMP認定、StateRAMP認定を受けています。

ユーザーガイド

法人向けガイド

役立つリンク集

Last updated