概要

ゼロトラストセキュリティによるインフラストラクチャへの即時アクセス

Keeper Connection Managerとは

Keeper Connection Manager(KCM)はエージェントレスのリモートデスクトップゲートウェイで、IT管理者やDevOpsメンバーは、ウェブブラウザを使用してRDP、SSH、データベース、K8sエンドポイントに安全かつ簡単にアクセスできます。
このプラットフォームの利点:
  • エージェントレス
  • 超高速性と即応性
  • シンプルなアクセス制御
  • クラウド、オンプレミス、エアギャップ環境向けのデプロイオプション
特徴は以下のとおりです。
  • RDP、SSH、VNC、K8sリモートアクセスプロトコルのサポート
  • MySQL、PostgreSQL、SQL Serverデータベースプロトコルのサポート
  • セッション記録
  • 特権セッション管理
  • マルチユーザーセッション共有
  • ロールベースアクセス制御
  • MFAオプション:TOTP、Duo
  • PIV/CACスマートカードログイン
  • SSO、OpenID Connect、Active Directory、LDAP連携
  • カスタムブランディング

概要ビデオ

Glyptodonのデモ

システム図

Keeperは通常、Dockerコンテナとしてデプロイします。 システムアーキテクチャ図を以下に示します。
Keeper Connection Manager - システム図

Apache Guacamole

Keeper Connection Managerは、Apache Guacamoleの元の開発者によって構築された商用サポートソリューションで、何百万人ものユーザーがリモートデスクトップアクセスに使用するオープンソースプラットフォームです。Keeper Connection Managerは、Guacamoleゲートウェイをベースに構築されており、機能の拡張、高度な連携、継続的な機能開発が可能です。Glyptodonは、2021年12月にKeeper Securityが買収しました。

はじめに

Keeper Connection Managerを始める準備ができたら、インストール手順に進みます。