記録タイプ

ボルトで新しい記録タイプを作成および管理する方法

記録タイプの概要

Keeperの記録タイプは、ログイン、クレジットカード、銀行口座など、あらゆる種類の情報で構成できる構造化されたテンプレートです。すぐに利用できる記録タイプがいくつかあり、管理者は組織のニーズに合わせてカスタムタイプを作成できます。カスタムタイプは、すべてのユーザーまたは特定のロールに割り当てられたユーザーに対して作成できます。

ビデオによるデモ

デフォルトの記録タイプ

提供されている記録タイプのリストを以下に示します。

記録タイプ説明

ログイン

ウェブサイトに正常にログインするために必要なデータセット。

クレジットカード

クレジットカード情報、フォームの自動入力に使用。クレジットカードを他の記録に「リンク」して、データの重複を減らすこともできます。

連絡先

特定の個人を識別する情報。自身の情報で作成することをお勧めします。フォームの自動入力で使用。

住所

物理的な場所を識別するために使用される住所情報。住所の記録を他の記録に「リンク」して、データの重複を減らすこともできます。

銀行口座

口座番号やルーティングナンバーなどの銀行取引情報。

ファイル添付

1つのファイル記録に、1つまたは複数のファイルを含めることができます。

写真

1つの画像記録に、1つまたは複数の画像を含めることができます。

運転免許証

名前、番号、有効期限などの運転免許情報。この記録タイプには、表と裏の両面の写真を保存することをお勧めします。

出生証明

生年月日や名前などの出生情報。この記録タイプには、出生証明書を高画質でスキャンして保存することをお勧めします。

データベース

タイプ、ホスト名、ポートなどのデータベース情報。Commanderでデータベースの認証情報をローテーションするために使用できます。

サーバー

ホスト名やログイン情報などのサーバー情報。Commanderでサーバーのローテーションや接続に使用できます。

医療保険

アカウント番号や被保険者の連絡先情報などの医療保険情報。

会員情報

アカウント情報や名前などの会員情報。この記録タイプには、会員情報のバーコードをスキャンして保存することをお勧めします。

セキュアノート

記録を表示する際、マスクされる保護情報。記録の内容は自由にマスクを解除できます。

パスポート

番号、有効期限などのパスポート情報。この記録タイプには、パスポートの身分事項ページを高画質でスキャンして保存することをお勧めします。

IDカード/各種証明書

番号や有効期限などのID情報。この記録タイプには、IDカードを高画質でスキャンして保存することをお勧めします。

ソフトウェアライセンス

ライセンス番号や購入日などのソフトウェアライセンス情報。

SSH鍵

公開鍵や秘密鍵の文字列などのSSH情報。この記録タイプには、関連する鍵ファイルがあれば添付することをお勧めします。

カスタム

Businessユーザーは、ユーザーに表示されるカスタムタイプを作成できます。

一般

従来形式、記録タイプのリリース前に作成された記録に使用。

カスタムフィールド

新しい記録タイプとして作成された記録にはすべて、どの記録にも追加できる新しい「カスタムフィールド」タイプがいくつか用意されています。

使用可能なカスタム記録フィールド

  • テキスト

  • 日付

  • 暗証番号

  • URL

  • メール

  • 電話番号

  • 秘密の質問と回答

  • 名前

  • クレジットカード

  • 複数行のテキスト

  • 住所

  • 伏せ字項目

  • ネイティブアプリフィラー(アプリ用KeeperFill参照)

共有

記録タイプは、他の記録と同様に、直接共有または共有フォルダ内で他のユーザーと共有できます。これには、クレジットカードと連絡先の記録タイプが追加されています。

ボルトの「個人情報ならびにお支払い」セクションに保存されたクレジットカードは分離されており、他のユーザーと共有することはできません。クレジットカードを共有できるようにするには、ボルトセクション内で記録を作成してください。 個人情報ならびにお支払いに保存されたデータからの移行は、今後のリリースで予定されています。

他のユーザーと共有できるクレジットカードを作成するには、新規作成 > 記録をクリックしてから、クレジットカードタイプを選択します。

記録タイプの並び替え

記録の新規作成時に表示される記録タイプの並べ替えをユーザーごとに設定できます。設定 > 記録タイプの並び替え> 順序を編集にアクセスします。

カスタムの記録タイプ

Keeper BusinessおよびKeeper Enterpriseのユーザーは、それぞれのニーズに合わせて完全なカスタムの記録タイプを定義できます。

カスタムの記録タイプを新規作成するには、以下の管理コンソールのロール権限インターフェースに示すように、「ボルト内の記録タイプを管理」権限を有効にした管理者ロールをユーザーに割り当てる必要があります。

この権限を有効にするには、ロール > ロールを選択 > 歯車アイコンをホバー表示 > 管理上の許可の順にアクセスします。

この権限を有効にすると、管理者はWebボルトまたはデスクトップアプリにログインして、記録タイプを作成できます。

Keeperボルトアプリケーションから、新規作成 > カスタムの記録タイプの順に選択します。

既存のテンプレートに基づいて新しいテンプレートを作成することもできますし、空白の記録から始めて、必要なフィールドを追加することもできます。

記録タイプの新規画面では、このテンプレートにどのフィールドを含めるかを定義できます。必要に応じて、任意のフィールドタイプの追加、削除、並べ替えができます。新しいフィールドを追加するには、新しいフィールドを追加ボタンをクリックします。

使用可能なフィールド

  • ログイン

  • パスワード

  • URL(ウェブサイトアドレス)、自動入力に使用

  • 二要素認証(TOTP)コード、シード付き

  • 添付ファイル

  • 秘密の質問と回答

  • 単一行のテキスト

  • 複数行のテキスト

  • 伏せ字項目

  • ホスト名またはIPアドレス

  • 日付

  • クレジットカード

  • 銀行口座

  • 暗証番号、4桁の数字

  • 名前

  • メールアドレス

  • 住所

  • 電話番号

  • ネイティブアプリフィラー(アプリ用KeeperFill参照)

例として、「暗号ウォレット」タイプを表すカスタムの記録タイプを以下に示します。

パスワードの複雑さとセキュリティ

カスタムの記録タイプの主なメリットの1つは、タイプレベルでパスワードのセキュリティ設定を指定できることです。以下の指定が可能です。

  • パスワードフィールドに値を設定することを強制

  • パスワードの生成に「サイコロ」ボタンの使用を強制

  • パスワードの複雑さルールを設定

  • 記録の「プライバシー画面」を有効化

Keeperのプライバシー画面機能を使用すると、すべてのパスワードの表示(マスク解除)をチームレベルで制御できます。プライバシー画面を有効にすると、パスワードがユーザーインターフェースから見えなくなり、不意の覗き見防止に役立ちます。この機能は一般的に、技術に詳しくないユーザーのパスワードの表示を制限するために使用されます。パスワードのマスキングは、実際は単に表示上のことで、パスワードはユーザーのボルトに保管されたままで、API通信およびブラウザ検証を使用すれば、アクセスできることにご注意ください。

カスタムの記録タイプで使用可能なフィールドタイプ

フィールド名説明

タイトル

必須フィールド(記録のタイトル)、一意である必要はありません。

ログイン

標準のログインフィールド、記録の自動入力に使用されます。

パスワード

標準のパスワードフィールド、記録の自動入力に使用されます。特定の記録に表示できるパスワードフィールドは1つだけです。1つのアカウントに複数のパスワードがある場合は、伏せ字項目または暗証番号を使用します。

URL

記録のウェブサイトアドレス、含まれている場合は、サイトの照合と自動入力に使用されます。

メール

メールアドレスフィールド、入力した文字列がメール形式に合致するかを検証します。

二要素認証コード

Keeperは、TOTP(Time-Based One-Time-Passwords)の使用に対応しているすべてのウェブサイトやサービスの二要素認証コードを保護して、生成できます。

ファイルまたは画像

添付ファイルには、あらゆるタイプのファイル、画像、ビデオやその他のドキュメントを使用できます。Keeperボルトの記録に添付できるファイル数に制限はありません。ファイルストレージはアドオンサブスクリプションです。ファイルストレージが無効になっている場合は、Keeper管理者に問い合わせるか、sales@keepersecurity.comにメールでご連絡ください。

メモ

必須フィールド。アクセス手順や機密文書など、このフィールドではどのような形式のメモでも保護できます。

秘密の質問と回答

通常、アカウントの回復に使用され、1つの記録に1つまたは複数の秘密の質問と回答を保存できます。

テキスト

自由形式のテキストフィールド、単一行。

複数行のテキスト

自由形式のテキストフィールド、複数行。

伏せ字項目

自由形式のテキストフィールド、デフォルトが非表示。

暗証番号

英数字コードフィールド、デフォルトが非表示。

日付

日付フィールドは、手動入力または日付ピッカーによる選択が可能、入力された文字列が日付形式と一致するかを検証します。

ホスト名またはIPアドレス

デバイスに識別情報を保存するために使用されるホスト名またはIPアドレスのフィールド。

名前

複数の値を持つカスタムフィールド。ファーストネーム 、ミドルネーム 、ラストネームの各フィールドをフォームに追加します。

銀行口座

複数の値を持つカスタムフィールド。口座番号フィールドとルーティングナンバーフィールドをフォームに追加します。

電話番号

複数の値を持つカスタムフィールド。電話番号フィールドと内線番号フィールドをフォームに追加します。

クレジットカード

クレジットカードの記録に動的にリンクされます。データはこの記録内に表示されますが、信頼できる情報源と編集機能は元の記録にあります。

住所

住所記録に動的にリンクされます。データはこの記録内に表示されますが、信頼できる情報源と編集機能は元の記録にあります。

ネイティブアプリフィラー

OCR画面認識およびキー操作の自動入力機能を備えた、定義済みのネイティブ自動入力機能。Native App Fillerの詳細な手順は、アプリ用KeeperFillのドキュメントをご参照ください。

すべてのフィールドにカスタムラベルを関連付けることができ、任意のフィールドを必須フィールドに指定できます。また、パスワード以外のフィールドでもマスキングを有効にでき、そのフィールドの値がデフォルトで表示されなくなります。表示/非表示は目玉のアイコンで切り換えられます。

必要なフィールドをページにすべて追加したら、ドラッグアンドドロップで並べ替えられます。発行ボタンをクリックして、ロールポリシーの強制でその記録タイプが有効になっているすべてのユーザーが使用できるようにします。

ロール別記録タイプの管理

ユーザーの記録タイプを追加/削除するには、Keeper管理コンソールにログインし、ロール > 強制ポリシーの順に移動して、記録タイプ画面にアクセスします。ここから、ロールごとに様々な記録タイプをON/OFFできます。

  • デフォルトでは、1つのロールですべての記録タイプを使用できます。

  • ユーザーが複数のロールに属している場合、ある記録タイプをいずれかのロールで無効にすると、そのユーザーに対して、その記録タイプが作成されなくなります。

  • すべての記録タイプを無効にすると、そのユーザーは記録を作成できなくなります。

  • すべてのユーザーに対して全体的な変更を加えたい場合は、デフォルトロールの記録タイプを無効にします。

移行に関する注意事項

  • 「一般」記録タイプは、Keeperのレガシーバージョンの記録です。

  • 新たに作成された記録はタイプ間で変換できますが、記録タイプのリリース前に作成されたレガシー版の記録は、記録タイプに変換できません。

  • レガシー版記録のログイン記録タイプへの変換は、今後のリリースで予定しています。

Last updated